日経255先物取引に必要な「技術」を取得するには

繰り返し経験することで知識を技術へと昇華させる

日経255先物取引のテクニカル分析で重視するのはなんだろう。

マーケットの中で買い手と売り手がどのような思考で動いているのか、力関係がどうなっているのかを知ることが重要。

これがマーケットの値動きであり、シンプルなテクニカル分析ツールである。

繰り返し経験することで知識を技術へと昇華させる

テクニカル分析の知識を得るということと、トレード技術を持つことは全く異なる。テクニカル分析ツールを何パターン知っていても、マーケットで活用できないのであれば知らないと同様だ。

知識を技術として使えるようになるには、何度も反復練習を行い無意識でも反応することができなければならない。

人は実際に経験することで、初めて物事を理解できる。知識を得るだけでは分からなかった理解という手応えは、自らの体験をもって初めて感じられる。

「覚えた」から「理解した」までの工程で得られる経験を得なければ、知識は技術にならず、技術がなければ知識は生かせない。

テクニカル分析も同じで、1つのテクニカルを何度も繰り返し使い、経験することにより「技術」へと昇華させることができ、利益を得続けることができる。

テクニカル分析で普遍性のある取引チャンスを探す

テクニカル分析で普遍性のある取引チャンスを探す

知識を技術として昇華させるには、自らの経験を通して初めて知識が技術に変わり、自分の能力として身に付けることができる。

料理本をいくら眺めていても、実際に作ってみなければ料理の腕は上達しない。最初は料理本のレシピを見ながら料理を作っていたとしても、試行錯誤をしながら作ることで旨い料理ができていく。

ローソク足やチャートの形からパターンを探すためにテクニカル分析ツールを使用し、マーケットの値動きで同じ形やパターンから普遍性のある取引チャンスを探すのがテクニカル分析だ。

テクニカル分析も同じ値動きのパターンを見つけ反復練習を行うことで、テクニカルをベースとした技術を身に着けることが重要。

1つのテクニカル分析で利益を得続ける

1つのテクニカル分析で利益を得続ける

個人トレーダーの目的は利益を得続けること。

金融機関(投資銀行や証券会社など)で売買の取引仲介を行うトレーダーのようにて、証券アナリストやテクニカルアナリストの資格取得が目的なら知識を増やす勉強は必要だろう。

しかし個人トレーダーは様々なテクニカルを覚えるより、自分が使いこなせるテクニカルを1つもつことが重要。

様々なテクニカル分析を学び、活用することがトレーダーの目的ではないことを忘れてはいけない。

何のためにテクニカル分析を使うのか、目的と手段を常に明確に意識する。目的達成のためにすべきことを続けられる人が日経255先物取引で勝ち残れる。

テクニカル分析を使用しても、上手くいかずに損切を決断する場合も起こる。しかし、パターン化したトレード手法は、成功と失敗の取引を確率的に計測することができる。

繰り返し練習することで高い確率で、利益を得続ける取引方法を「技術」として習得できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました